会社案内
会社案内
皆さまの毎日が健やかでありますよう、
カラダのコンディションを高めるサポートをお手伝いしています。
めざしているのは「トータル・ヘルス・コンシェルジュ」です。
私どもtwo.sevenは、オリンピック競技の現場で蓄積されたノウハウや
スポーツの現場で学んだ健康管理や体調管理の経験を、
メンテナンスやトレーニング、リハビリテーションに反映し、
治療やリハビリのスペシャリストを目指しながら、
新規事業の創造をも推進している「トータルヘルスコンシェルジュ企業」です。
利用者様のヘルスケアを全面的にサポート・提案するために5つの事業を軸として展開。
リハビリ・通所介護事業、リハビリ専門訪問看護事業、整骨・鍼灸治療院事業、
サプリメント事業、フィットネス事業など多角的にサービスを提供しています。
two.sevenの社名の由来は、代表の清水がスピードスケート現役時代にさかのぼります。
勝つレースの前日には、必ず2時27分に目を覚まし、
なんとオリンピックで金メダルを獲得した前日も、同じ現象がおきたのです。
私たちにとって「27」という数字はとてもパーワーを与えてくれるキーワード。
この「27」に強いメッセージを感じ、絶え間なき挑戦を続けていく私たちの社名に託しました。
社員一人ひとりが成長していける会社づくりを努めてまいります。
つねに「危機感」を持ち、行動や環境を「改善」し、自らに「挑戦」し続け、
企業としてはもちろん、社員すべてが成長できる環境づくりに努めてまいります。
今後とも引き続き、皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
リボンリハビリセンター

ごあいさつ

2010年5月に株式会社two.sevenを立ち上げたのは、スポーツ選手のセカンドキャリアを創造し競技スポーツで培った経験を元に、医療&健康のコンシェルジュとして怪我をした方々に対してリハビリテーションや健康寿命延伸の役割を担いたいと立ち上げました。
私をはじめ、運動経験がある人材が運動リハビリ指導することで質の高い運動リハビリになります。それはスポーツ選手は現役時に必ず怪我をして、自らの身体に対してリハビリテーションを行っていくという経験が豊富にあるからです。その経験を生かさずスポーツの現場から退いてしまうことが多々ある中で、自らの身体で体験してきた、その豊富な経験を生かさないわけにはいかないと感じておりました。一生涯スポーツと健康の関わりは比例します。
スポーツ選手が地元に戻り自らが行ってきたスポーツの経験を 子供達に指導しながら、地域の方々に治療やケア、 メンテナンスのサポートしていき、指導とケアの一体型にしていく事で
スポーツの裾野が育ち怪我の少ない選手や子供たちが
育っていけるようにしていきたいと願っております。
スポーツ選手自身が医療、福祉、介護に関わっていくことが
国の人材的財産なっていきます。
願いを叶える組織でありたい、そんな思いに溢れております。
医療とスポーツの架け橋になれるよう活動してまいります。

会社概要

会社名 株式会社 two.seven (two.seven.inc)
代表取締役 清水 宏保
設立年月日 2010年5月27日
所在地 〒060-0005 札幌市中央区北5条西6丁目1-23 第2北海道通信ビル1F
TEL/FAX 011-622-0047/011-622-0028
資本金 600万円
事業内容 ●整骨・鍼灸治療院の運営
●リハビリ・介護施設の運営
●訪問看護ステーションの運営
●フィットネス・トレーニングスタジオ運営
●サプリメントの販売提供
主要事業所 ●ノース治療院 札幌本院
〒060-0005 札幌市中央区北5条西6丁目1-23第2北海道通信ビル1F
TEL.011-596-0835 FAX.011-596-0845

●リボンリハビリセンター
●リボン訪問看護ステーション
〒064-0951 札幌市中央区宮の森1条6丁目2-15
TEL.011-622-0027 FAX.011-622-0028

●TWO SEVEN BODY
〒064-0805 北海道札幌市中央区南5条西23丁目1-1
TEL.011-532-2727

取引銀行 三井住友銀行
北海道銀行
りそな銀行

アクセス

↑地図の「拡大地図を表示」をクリックしていただくと大画面でご覧いただけます。


T O P

パソコン版はこちら

スマートフォン版はこちら